ブログ

ホーム  ブログ  頑張って歯を残す or 抜いてインプラントにする
ブログ
頑張って歯を残す or 抜いてインプラントにする
こんにちは!、三重県津市の医療法人大杉歯科医院 院長の大杉和輝です!


最近、精密根管治療のお問い合わせが増えてきております。



治療を繰り返している歯は、残存歯質(歯の残りの量)が少なくなっており、そういった場合は「頑張って歯を残す or 抜いてインプラントにする」という選択をしなければなりません。

*もちろん場合によっては、ブリッジ・義歯(入れ歯)という選択肢もあります。



よくある根管治療の不具合


「根管治療を繰り返している」
「根管治療をしたが痛みが残っている」
「金属の大きな土台が入っている」
「痛くなるたびに、お薬を飲んで・治まっての繰り返し」
「噛んだら痛い」
「膿の袋がある」
「根管治療の器具が折れて残っている」
「根の尖端が曲がっていて触れていない」


上記のような場合、治療を繰り返していることが多く、その度に歯を削るので、残存歯質(歯の残りの量)が少なってることが多いです。

また、治療を繰り返しているため、歯の本来の構造が無くなっており、再根管治療(2回目以降の根管治療)の難易度も大きく上がります。



根管治療の問題は、解決できる可能性が高いが、歯根破折のリスクを考慮する必要がある



以前も書かせていただいたように、根管治療の問題は、精密根管治療外科的歯内療法を行うことで、解決できる可能性が高いです。



しかし、残存歯質(歯の残りの量)が少ないと、歯の耐久力が下がるため、歯根破折のリスクが高くなります。



歯根破折が起きれば、歯を残すのが不可能となります。(一度、抜歯して口の外で接着して戻すという方法もありますが、あまり長持ちしないと考えています)

そういった場合、「何年残せるのか」は誰にも分かりません。1〜2年でダメになる場合もあれば、10年以上使えるチャンスもあるということです。

体格、噛む強さ、食生活、性別、習癖、歯ぎしりなどさまざまな要因によって、歯根破折が起きるリスクは変わってきます。



何年残せるかわからないのであれば、長持ちするインプラントに歯を置き換えるという選択肢もある



そういったリスクを避けるため、「抜歯してインプラントに置き換える」という選択肢もあります。

インプラントは、10年単位で持つことがわかっており長持ちする治療と言えます。

また、歯が残っていてそこにインプラントをする場合は、抜歯即時インプラントを行うことが出来れば、低侵襲で治療を終えれます。



「残す or 抜歯」どうやって決めるのが良いか?


最終的な決断は、患者様の価値観・希望にもよりますので、それぞれの治療法のメリット・デメリットを十分ご説明させていただいた上で、患者様と一緒に決めていかなければいけません


患者様の希望は様々です。
「歯が使えるとこまで使えれば満足」
「歯根破折のリスクはあるものの、それを承知で歯を残したい」
「歯根破折のリスクが残るのは嫌なので、抜歯してインプラントにしたい」


十分考えた上で、ご納得のいただける治療プランで進めていくのが良いかと思います。悩まれてる方いましたら是非ご相談ください。
トップページに戻る


〒510-0303 三重県津市河芸町東千里175-2


9:00 - 12:30 -
14:30 - 19:00 - - - -
14:00 - 18:30 - - - -

※土曜日は18:00まで 【休診】日・祝
近鉄名古屋線「千里駅」徒歩4分 駐車場8台完備

予約・お問合せはこちら  059-245-5358
 お問合せフォームはこちら