診療案内

ホーム  診療案内
Guide
診療案内

重度歯周病の治療

精密根管治療

インプラント治療

審美歯科治療

自家歯牙移植

顕微鏡歯科

重度歯周病の治療

当院の歯周病治療の特徴


「世界基準の歯周病治療を提供できるよう日々研鑽に努めています」
1.残せるかどうかを正確に診断
 レントゲン・CTにより歯の周囲の骨がどれだけ失われているか正確に診断、それをもとに残すことが可能かどうか診断します

2.原因を徹底的に除去
 原因除去療法には患者さまが行うものと医療者サイドが行うものが あります。まず、患者さまは、ブラッシング技術を向上させ、それを習慣化することが大切です。そして医療者サイドが行う原因除去療法とは、患者さまが歯を磨きやすい状態に整えることです。そのためには“被せる”“詰める”などの精度を高めること。より天然歯に近い形体を実現することにより、磨きやすい状態が整えられます。また、治療により歯周ポケットをなくしたり、歯磨きに負けない強い歯肉をつくることも大切です。

3.マイクロスコープを用いた精密な治療
 マイクロスコープを用いることで、明視下で歯石の除去が可能で、徹底的に根の表面を綺麗にすることができます

4.歯周組織再生用法は他の医院で出来ないことも可能
 当院ではインプラントを支える骨や歯を支える組織の再生療法に積極的に取り組み、多くの症例を発表するなどして研鑽を積んできました。他院でインプラント治療や歯周病の進行した歯の保存が困難と言われた方も、ぜひ当院でご相談ください。

他院で断られても諦めないでください
 インプラント治療を顎骨に充分な厚さや幅がなかったことを理由に断られている場合は、当院にご相談ください。
 昨今ではインプラント治療を受けるための研究が進み、現在では顎骨のボリュームアップが可能となり、顎骨の再生を誘導するGBR法、上顎の空洞に骨を再生させるサイナスリフト、骨移植などによる治療法も可能です。
 難易度の高いものではありますが、当院ではこれらの高度治療を実施できる環境が整っています。

歯周病とは
早期発見・早期治療が大切です

 歯周病は、歯を失う最大の原因であり、口腔内細菌により歯ぐきが炎症を起こし、歯を支える骨(歯槽骨)が壊されていく病気です。歯ぐきの内側は普段みることが出来ませんが、歯の根の表面にあるセメント質は、歯根膜と呼ばれる繊維を介して歯槽骨に繋げられ、固定されています。歯周病はこれらの組織が破壊され、最後には歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。
 40歳以上の約8割がこの病気を患っており、「全世界で最も蔓延している病気」としてギネスに登録されているほどです。

歯周病は早期発見が大切
歯周病の進行について

 日本人の成人の約80%が歯周病にかかっているという事実は、歯の定期診断を受ける習慣があまりないことも原因となっています。
 歯を失う最も大きな原因となっている歯周病は、口中の細菌によって歯ぐきが炎症を起こし、進行すると歯を支えている骨が溶かされて失われていく病気です。
 歯周病は初期の段階であれば簡単な処置で良い状態が保てますが、自覚症状が少ないため、重症になってはじめて治療を始める方がほとんどです。
 歯周病は進行すると、様々な手術や、歯牙同士を固定するなどの処置が必要になってきます。しかし、たとえ適切に治療しても早期に治療した場合に比べ、条件は悪くなります。歯周病は早期発見・早期治療が大切なのです。大杉歯科では、「予防」、「適切な診断と治療」を心がけ、患者さんひとりひとりの歯の保全に全力を尽くしています。
1 Healthy teeth 健康な歯

 歯と歯ぐきの隙間(ポケット)がなく、ピンク色で歯ぐきが引き締まっている。

2 Periodontitis 歯肉炎

 歯垢(プラーク)や歯石がたまり、歯肉が炎症を起こしている状態です。この段階では骨は溶けておらず歯磨きや歯石の除去によって治癒します。

3 Mild periodontitis 軽度歯周炎

 歯肉の炎症が悪化し、歯周病の原因菌が歯肉の中に侵入している状態で、歯を支える骨などが溶けていきます。
 歯肉の下にある歯石等の除去で治癒できる段階です。

4 Moderate periodontitis 中度歯周病

 炎症が拡大し歯を支えている骨がかなり溶け始めてきています。歯の動揺や出血によって歯の異常に気づくことがあります。歯石が歯肉の奥深くまで達している場合は、外科的な治療によってこれを除去します。専門的な治療が必要となる段階です。

5 Severe periodontitis 重度歯周炎

 歯を支えている骨の大部分が破壊され、場合によっては抜歯が必要となります。治療には歯周病専門歯科医による精密な治療が必要となります。

歯周病の原因について

1 Bacterial plaque 細菌性プラーク

 プラークは細菌の塊で1/1000gの中に1億を超える細菌が住みついています。この細菌の中に歯周病菌、虫歯菌などが存在します。歯肉表面にプラークが停滞すると歯肉に炎症が起き出血します。歯周病菌のエサは血液中のヘミン鉄なので、歯周病菌がヘミン鉄を食べて増殖し、さらに炎症を悪化させ、その結果として歯槽骨が溶けてしまいます。

2 Engagement 噛み合わせ

 噛み合わせの乱れによって起こる歯ぎしりや食いしばりが続くと歯周組織が損傷していき、これを「咬合性外傷」と呼びます。「咬合性外傷」は歯周病との因果関係は薄いものの、噛み合わせの乱れとプラークとの蓄積が続けば口内環境は悪化していき、結果として歯周病の進行を早める場合があります。

3 Debridement 生活習慣

 生活習慣の乱れも、歯周病の大きなリスクとなります。例えば喫煙の習慣化は、ニコチンが血管を収縮させて血液の循環を悪し、歯肉の血管が細くなり、歯周病菌と戦うための血液が不足してしまいます。(喫煙は歯周病のリスクを高めると言われるのがこれが原因です)
 また、お菓子や甘い飲み物などを中心とした食生活の乱れや睡眠時間のバラつきなども口内に悪影響を及ぼします。当院では、患者さまの生活習慣についても伺いし、カウンセリングも含め生活に合わせたサポートを致します。

歯周病と全身疾患との関係について

 歯は硬組織が体の中と外を貫いている器官で、その硬組織と軟組織をつなぐ境界が歯肉です。歯肉と歯との間の歯周ポケットには常に細菌が常在しており、炎症を起こすと歯肉の上皮組織の断裂が起き、細菌が体内へ侵入してきます。
 その細菌が血流にのり、全身にまわって各臓器に回ってしまい、抵抗力が弱い高齢者や疾患をお持ちの方は、細菌を十分排除できずに定着してしまう恐れがあり、「敗血症」「感染性心内膜炎」「心疾患」「脳卒中」や「糖尿病」の悪化などに繋がる可能性あります。
 歯周病を「口だけの病気」と考えず「全身の健康に影響するもの」として歯周病に対する予防の意識を高めていきましょう。

歯周病治療について

1 Brushing instruction ブラッシング指導

 歯周病は、日々の歯磨きをベースにして予防していきます。そして、歯並びは人それぞれ異なり、毎日しっかり磨いているつもりでもどうしても磨き残してしまう部分があります。
 当院では、担当の歯科衛生士と共に、患者さまの歯並びの特徴に合わせて最も適した磨き方を考えていきます。特に磨き残しやすい箇所では、どのようにブラッシングすれば良いのか、鏡や見本を使いながら丁寧にご説明致します。

2 Debridement 根面のデブライドメント

 根面に付着した歯石には、細菌が付着し繁殖します。そして、繁殖した細菌は毒素(エンドトキシン)を産生し、歯肉に炎症を引き起こし、これが歯周病を進行させます。
 デブライドメントとは根面に付着した歯石を除去し、毒素を洗い流すこと治療のことで、超音波スケーラーやキュレットスケーラーなど専用の機械を用いて行います。
 当院では、歯肉を傷つけないように、また、歯石の取り残しがないように、1本1本丁寧に時間をかけ治療致します。

治療技術紹介:GTR法

 GTR法(guided tissue regeneration)は歯周外科手術後、メンブレン(人工膜)を挿入することにより歯根膜組織を歯根面に選択的に誘導し上皮組織と結合組織を排除することで、歯周病の炎症により破壊された骨組織やセメント質などの硬組織を新生させ、喪失した結合組織性付着の回復をはかる歯科の治療法です。
 従来の歯周病治療とは異なり、組織が歯根面に到達することをメンブレン(人工膜)で防ぐことにより、歯根膜をもととした組織/細胞の新生を伴う結合組織性付着を形成できるようにする方法です。
 歯周病によって歯を支える歯槽骨が溶けてしまっている場合などに、メンブレン(人工膜)を挿入しておくことで歯ぐきの侵入を防ぎつつ歯周組織の再生するスペースを確保できます。

治療の流れ:GTR法


症例集へ

治療技術紹介:エムドゲイン法

 エムドゲインは、エムドゲインゲルという薬を患部に塗ることで、歯が生えてくるときと同じような環境をつくり歯周組織の再生を促します。
 エムドゲインゲルの主成分は、「エナメルマトリックスデリバティブ」と呼ばれる豚の歯胚組織からつくられたタンパク質の一種です。世界各国で使用されており、2002年に厚生労働省から認可を受けた安全な生体材料です。

治療の流れ:エムドゲイン法


症例集へ


〒510-0303 三重県津市河芸町東千里175-2


9:00 - 12:30 -
14:30 - 19:00 - - - -
14:00 - 18:00 - - - -

※土曜日は17:00まで 【休診】日・祝
近鉄名古屋線「千里駅」徒歩4分 駐車場8台完備

予約・お問合せはこちら  059-245-5358
 お問合せフォームはこちら