ブログ

ホーム  ブログ  即時入れ歯(インプラントを支えに入れ歯を即時で固定する治療法)
ブログ
即時入れ歯(インプラントを支えに入れ歯を即時で固定する治療法)
こんにちは!、三重県津市 大杉歯科医院 院長の大杉和輝です!

今回は、インプラントを用いて総義歯を快適に使うための方法を紹介させていただきます。

よくネットなどで耳にする即時入れ歯とは・・・?

即時入れ歯‥複数のインプラントを支えにして、仮歯(入れ歯形態のもの)を即時(インプラント埋入と同日に)でお口の中に固定する治療法のことです。

本来はインプラント埋入からインプラントに仮歯装着までに2〜3ヶ月の期間を開けることが推奨されています。(インプラントが骨結合するのに2〜3ヶ月の期間が必要だからです)

複数のインプラントを埋入し、それに入れ歯を完全に固定することで、個々のインプラントにかかる力を分散し、仮歯を即時にお口の中に固定することが可能となります。

*骨密度・骨量が不足している場合、即時で仮歯を入れるのが無理な場合があります。その場合、インプラントが骨結合する期間を待ち、仮歯を装着していきます。




主な治療法

1.インプラントオーバーデンチャー‥インプラントを支えにした総義歯
2.ボーンアンカードブリッジ‥インプラントを支えに口腔内にブリッジを固定する


もちろん総義歯のクオリティが高ければインプラントの助けは必要なく、快適にお食事をとっていただくことは可能です。

しかし、顎骨の吸収の度合い・歯肉の厚みなどより限界があり、患者様の満足いただけるレベルにまで達せないことがあります。

そういう場合、インプラントを支えにする上記の2つの方法を用いることで義歯のクオリティを向上させることができます。


1.インプラントオーバーデンチャー


主なメリット‥インプラントで義歯を支えるので維持力・支持力が向上する、取り外しが可能

主なデメリット‥外科的治療が必要、費用がかかる




2.ボーンアンカードブリッジ


主なメリット‥インプラントを用いて口腔内にブリッジを完全に固定するため、以前、歯があったときのように噛める

主なデメリット‥外科的治療が必要、費用がかかる



ご興味のある方は下記リンクをお読みください。

上顎インプラントオーバーデンチャー、下顎ボーンアンカードブリッジ *リンクあり

510-0303

三重県津市河芸町東千里175-2

医療法人 大杉歯科医院

059-245-5358

トップページに戻る


〒510-0303 三重県津市河芸町東千里175-2


9:00 - 12:30 -
14:30 - 19:00 - - - -
14:00 - 18:30 - - - -

※土曜日は18:00まで 【休診】日・祝
近鉄名古屋線「千里駅」徒歩4分 駐車場8台完備

予約・お問合せはこちら  059-245-5358
 お問合せフォームはこちら