インプラント症例集

ホーム   症例集   インプラント症例集
Example
インプラント症例集

54歳女性/治療費111万/治療期間1年6ヶ月

症例の概要・主訴

基礎データ 54歳/女性
治療期間 1年6ヶ月
治療費 111万円
■内訳
  • インプラント40万円✕2本
  • ポンティック(ダミー)10万
  • 骨造成20万円
  • CT1万円
概要  骨吸収が大きくそのままではインプラントが埋入できないケースですが、骨造成を行うことによりインプラントの埋入が可能になりました。審美エリアであるため、仮歯の段階で歯肉の形態を整え、調和のとれた歯冠形態になるように調整しています。
主な副作用 手術後の出血・腫れ・内出血、インプラント補綴破損、インプラント周囲炎

治療の流れ


診断用ステント試適+CT撮影
Diagnostic stent / CT
義歯を使っていたが金属のバネ(クラスプ)の見た目が気になる。
固定性でより審美的なものが良い。


診断用ステント試適+CT撮影
Diagnostic stent / CT


診断用ステント試適+CT撮影
Diagnostic stent / CT


インプラント埋入位置の3次元的な診断
Three-dimensional diagnosis of implant placement position
理想的な歯の形態を再現する位置に、インプラントが埋入できるようシミュレーション


骨造成+インプラント埋入
Bone construction / implant placemen
骨増生の量が多い場合、賦形性のあるチタンのメンブレン(ハニカムメンブレン)を用いる。


骨造成+インプラント埋入
Bone construction / implant placemen


頭出し(パンチアウト)・プロビジョナルレストレーション(仮歯)装着
Cue / Provisional restoration
頭出し(パンチアウト)をして、仮歯を装着します。
仮歯の形態を調整しながら、歯肉に圧迫を加え、美しい歯肉を立体的に再形成していきます。
理想的な形態が再現できたら、その仮歯を参考に、最終補綴物(セラミック)作製します。


頭出し(パンチアウト)・プロビジョナルレストレーション(仮歯)装着
Cue / Provisional restoration


最終補綴物(セラミック)の装着
Three-dimensional diagnosis of implant placement position


最終補綴物(セラミック)の装着
Three-dimensional diagnosis of implant placement position




〒510-0303 三重県津市河芸町東千里175-2


9:00 - 12:30 -
14:30 - 19:00 - - - -
14:00 - 18:30 - - - -

※土曜日は18:00まで 【休診】日・祝
近鉄名古屋線「千里駅」徒歩4分 駐車場8台完備

予約・お問合せはこちら  059-245-5358
 お問合せフォームはこちら